PR|ヒット商品につながるブランディング

ネックストラップがあると携帯やカメラ、IDカードなどを首から下げることができるので、これらを鞄やポケットからいちいち取り出す手間が省けますし、これらを落としたり、盗まれたり、置き忘れたりするのを防止することもできます。そんなネックストラップを選ぶ時、またはオリジナルストラップを作る際のポイントには以下のようなものがあります。

ネックストラップは基本的に携帯用やカメラ用、カード用など、用途別に作られているので、カード用のネックストラップを携帯やカメラなどの比較的重いものに付けると、その重さに耐えきれずに紐が切れてしまうことがあります。そのため、ネックストラップは対象物に合うものを選ぶことが大切です。また、中には複数の対象物に併用できるタイプのものもありますが、併用タイプにも荷重限界はあるので、併用タイプを使う場合は事前に荷重限界をよく確認しておくことが大切です。

IDカードなどの軽いものなら特に問題はありませんが、携帯やカメラなどの比較的重いものを長時間首から下げていると、紐が首に食い込んで痛くなってしまうことがあります。そのため、携帯やカメラなどを長時間首から下げる場合は、紐ができるだけ柔らかい素材で作られているものを選ぶことが大切です。また、丸紐だと首に食い込みやすいので、できるだけ平紐のものを選んだ方がよいです。

ネックストラップは携帯やカメラ、IDカードなどを首から下げたい時にあると非常に便利ですが、紐が長いのでそれ以外の時は邪魔になります。そのため、ネックストラップを選ぶ時は簡単に着脱できるかどうかも重要なポイントになります。最近ではワンタッチで着脱できるタイプのものが増えているので、その中から選ぶとよいです。
ストラップをノベリティで配る企業も多くなってきているなか、ノベリティの制作を専門に手掛ける会社もあります。

ネックストラップの長さは45cm(全長90cm)が最もオーソドックスですが、中には長さが60cm(全長120cm)や80cm(全長160cm)のものもあります。60cm以上のものは基本的に長さを調節できるパーツが付いているので、先端の位置を自由に調節したいなら60cm以上のものを選ぶとよいです。

PR|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|ダイエットチャレンジ100日|ゴミ屋敷解消Q&A|マーケティング経営研究.net|生命保険の選び方|美容と健康女性ランキング|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|カウンセリングのお悩み解決サイト|健康マニアによる無病ライフ